読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花凜文学

アマチュア文学者の創作文芸サイト

花凜文学の始まり

はじめの挨拶

ここは自称アマチュア文学者の一次創作用サイトです。

日記や読書、エンタメ感想などは「桐原歌子のせかい」にて発表します。

好きなものは学園、青春、ファンタジー、長編シリーズものです。

まだまだ試行錯誤中です。もうしばらくお待ちを!

女子校ショートショート

ショートショート 小説

恐ろしく無口で孤独な藍(あい)と、みんなの人気者の柚子(ゆず)。

二人は少しずつ接点を持つが、現実の女の子たちは容赦がなくて……。

サイケデリックな女子校ホラーSS。

 

++雪のお姫様++

 

 雪が降り始めた。
 静まり返った車両の中、南柚子(みなみ ゆず)はスマホを固く握りしめていた。
『次の駅で降りて』
 メールには新たな命令と、棺桶のような透明の箱に詰めこまれた友人の画像。これで九人目。気づくと指示された駅に着いていた。やけに綺麗に掃除されているホームだ。ゴミも汚れも一切見あたらない。急に不安になり、柚子は出口へ飛び出した。
   *
 あそこの家、やばいんだよ。アイスに毒を入れて売っているんだって。
 学年中で話題にされているその生徒は、柚子と近いクラスの子だった。女子中学生にとって噂とは、自分たちの枠にはまらないものを異端だと分かっていて、わざと楽しむ道楽だ。怖い場所に自ら入って怖いと言いながら出て行く、肝試しみたいな感覚に似ている。
「雪原さん」
 白く曇っている窓ガラスをじっと見つめながら、廊下に立っている雪原藍(ゆきはら あい)に柚子は話しかけた。
 藍が振り向いた。ガラス玉のように不安定に揺れる瞳が、柚子の目に入った。
「新発売も美味しかったよ。雪原さん家のアイスは外れがないね」
 藍は一瞬きょとんとしたあと、少し照れ臭そうに「ありがとう」と笑った。
   *
『大通りをまっすぐに突っ切って』
 柚子は言われたとおりに大通りを抜け、住宅街に入った。右を行き、左に逸れて、まっすぐ歩かされてはまた曲がり角を行かされる。こちらの体力を奪う作戦だったのか、やっと目的地にたどり着いたときには完全に消耗していた。
『最後はあなた』
 メールはここで終わった。
 もう雪原さんと会わないで。あの人の気持ち悪さが柚子ちゃんに伝染しちゃう。
 友人たちの声が一人一人思い浮かぶ。柚子は文章を打った。
『どうしてこんな酷いことをするの』
 返事はすぐに来た。
『愛とは、奪うことだから。私のものになれ』
 雪が吹きつけた。
 柚子は、陰鬱な空気が濃厚に立ちこめている坂の上の家を、キッと見上げた。握りこんだ拳に雪片が当たる。冷たい。痛い。でもそれだけじゃ生きていけないでしょう。
「――愛とは、捧げることよ」 
 鉄の門扉に手をかけ、柚子は勢いよく開け放った。
   *
 その日、関東は記録的な大雪だったという。

   END

愛の捕虜〈創作歌詞〉

作詞的な詩

宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」の歌詞を詩にオマージュ+

 

+愛の捕虜+

 

平気な顔で嘘をついたあなたは

楽ばかりしていた頃の私によく似ていた

二人同じ笑顔で 嫌気がさした

 

何もいらなかったはずなのに

安らぎを欲しがって 奪い合った

みんな同じ 愛情を求めて明日に祈る

愛を確かめ合ったら幸せになれるの?

 

退屈な毎日は急に輝きだしたの

あなたが現れたあの日から

闇を照らす光は

時に強い日差しで地を焦がすわね

私はあなたに焼かれた

まるで火炙りのように

それでよかった

孤独でもつらくてもこれが私の運命

 

「病める時も健やかなる時も嵐の日も晴れの日も互いの手を離さず共に歩むことを誓いますか?」

 

本当のことを言う

闇を背負う日々が私の一部だった

皆と同じ道を歩けない

獣道を並んで歩こうとしてくれた

あなただけが唯一の恩人

 

強がりも欲張りも無意味になっていった

あなたに愛されたあの日から

孤独な道は自由だったはずなのに

もう一人じゃ虚しくてたまらない

私を弱くさせたのはあなた

救ってくれたのはあなた

 

もう少しだわ

あきらめないで

あなただけは見捨てない

絶対に離さない

 

「残酷な運命が引き裂こうともあなたたちは強い絆で乗り越えられると誓いますか?」

 

いくらでも頑張ります

私は愛の捕虜だから

 

ありふれた日常は急に輝きだしたの

心を奪われたあの日から

孤独でもつらくてもこれが私の運命

光を追いかける私の運命

 

そばにいて

愛していると言って

一人にさせたくないの

 

そばにいて

もう少しだから

 

もう少しで

 

これが私たちの運命

 

END

Runaway メロディー拝借<KARA>

作詞的な詩

あれは過去の僕の秘密基地だった
扉閉める 君を閉じ込めてみる
でもすり抜けてく 飛び立っていく 
君はもう蝶のように
ほかの誰にも触れさせない でも君はすり抜ける
(なぜ僕だけを見てくれないのですか?)
(なぜ僕だけを見てくれないのですか?)
生き残って 罪を見て
また一人 暗闇に微睡む

未来誓うはずの物語
途絶えた結末 移ろえる魂
でも信じている すがっている 
書き換える その意味を
ほかの誰にも分かられない
でもそれでも書き換える
(なぜ夢を見てはいけないのですか?)
(なぜ夢を見てはいけないのですか?)
残されて 身もだえて
そんな傷は 早く忘れて

なぜ僕だけを見てくれないのですか?
なぜ僕だけを見てくれないのですか?
生き残って 罪を見て
また一人 暗闇に微睡む

なぜ僕だけを見てくれないのですか?
なぜ僕だけを見てくれないのですか?
残されて 身もだえて
そんな傷は 早く忘れて

おお おお おお
おお おお おお
おお おお おお

just go It's not too late love will make you run way

メロディー拝借 KARA